丁寧にクレンジング

009118-smpl-png

まずはじめにクリーム状のクレンジング兼マッサージクリームをピンポン玉程度手のひらに取り、一番濃いとする目の周りの化粧を落とします。私の場合はつけまの糊代わりにアイプチを使用しているので、ねっとりとしており絡みつき取れるので良いです。そしてその次にホットジェルで30秒から1分マッサージします。これは最近CMで見て使用を始めましたが温感も心地よく気に入っています。つっぱらない感じもリピの理由です。そして最後にメイクは落ちているのでクリームタイプの泡立つタイプの洗顔料をネット(100均で売っているきめ細やかな泡ができる優れもの)を使い泡立て顔全体を包み込むようにあまり力は加えず洗います。以上がいきついた今の自分に合ったメイク落としから洗顔の仕方です。オイルタイプのクレンジングを以前は使用してたのですが、メディアか雑誌かで毛穴がつまると聞き使用をやめました。しかし、保湿という観点では特に今の時期オイルクレンジングも良いのではと思う気持ちもあります。

敏感肌のクレンジング

009118-smpl-png

わたしは肌が弱いので、使うものに気をつかっています。まず、クレンジングですが、オイルではなくジェルタイプのものを使用しています。さくらんぼくらいの大きさを手にとり、顔になじませます。洗い流したあとは、牛乳石鹸で洗顔します。牛乳石鹸は2種類ありますが、わたしはさっぱりタイプの赤を好んでいます。
以前はホットクレンジングを使っていましたが、マナラホットクレンジングゲル評価悪いので今は使っていません。
このままだと肌がとても乾燥するので、お風呂からあがったらすぐにスキンケアをします。わたしはとろみのあるしっとりとした化粧水は苦手なので、ほぼ水に近い大人にきび用の化粧水を使用しています。これのおかげか、にきびができにくい体質になった気がします。ちなみに、漢方薬の成分がはいっています。ただ、保湿成分がほとんどはいっていないので、季節によってもう一品使うことがあります。乾燥を防ぐクリームでもいいのですが、わたしの場合はヴァセリンを目元や口元に塗っています。ヴァセリンは全身にも使えるので、とても便利です。値段もそんなに高くないのでおすすめです。